米大統領選で有権者に一定の影響を与えた「ブログ」

アメリカのブログです。

以下zakzakの記事です。
23歳のブログ記者、ホワイトハウス会見初取材
『 数年前までは少数派の「カルト的現象」(米誌タイム)にすぎなかったブログの台頭を象徴する出来事。先の大統領選でブッシュ大統領の軍歴疑惑に関する米CBSテレビの誤報などを指摘したブログが、今後ますます影響力を高めそうだ。』

本家本元のブログはこちら、
mediabistro: FishBowlDC: ワシントンDCメディアに関するゴシップブロッグ

フジテレビのトリビア(以前の再放送編)でカーペンターズ・関西弁Ver CDについてコメントしてました。
涙の工務店
[PR]
by hokkoku65 | 2005-03-09 21:27 | つれづれ日記


<< つれづれ 『川上麻衣子さん』が「うちくる... >>