いくつもの想いが重なり合って生まれる、究極の愛。

バースデー・ウェディング~母が教えてくれたいちばん大切なこと~]

お母さん・・・。いまの、この、しあわせな私の姿が見えますか・・・。

21歳になった千晴は、結婚式の前夜、父の礼服のポケットから5歳の頃の家族が映ったビデオテープを見つける。それは、若くして亡くなった在りし日の母が、大人になった千晴に宛てた切なくも愛情あふれるビデオレターだった。思いがけない母との再会に、千晴は流れ出す涙を止めることができない。そして、結婚式。千晴は新郎とともに、天国から見守ってくれる母へ消すことのできない愛情と感謝を伝えるため、とくべつな“贈り物”を準備する…。

みにゆきたい映画だなー。なんとかならないか?
あなたが最後に泣いたのはいつですか?
[PR]
by hokkoku65 | 2005-06-05 21:00


<< いま会いにゆきます 日曜劇場版 sona(ソナ)のうたごえ >>