ドリーム☆アゲイン

#01 神様がくれたチャンス!?夢のために生き返る男
  (2007.10.13)

ジャイアンツでホームラン男として活躍していた駿介(反町隆史)
は、肩の故障をきっかけにプロ野球界を引退してしまった。
しかし一年後、駿介は、ふとしたきっかけから、恋人との婚約を破棄してまでプロ野球界復帰を決意。それを聞いた婚約者の颯乙(さつき)(加藤あい)は、動揺を隠せずにいた。
そんなとき、駿介は不慮の事故であの世に逝ってしまう。

しかし夢をあきらめられない駿介は、天国の案内人・田中(児玉清)の特別な計らいで、他人の体に魂を戻される。
駿介が選んだのは、とあるファンド会社の大金持ちの若き社長・朝日奈だったが、常にトラブルが降りかかるのだった。
会社経営なんて何にも解らない、株のことなんてチンプンカンプン。颯乙にも逢えなくなるし、おまけに謎の14歳の少女・雛(志田未来)には付きまとわれる。

一体どうなる、駿介!?
この先、いくつの障害が待ち受けているのか!?
駿介の「目指せ!プロ野球復帰作戦」は、どうなることやら――
a0025512_15251643.jpg
a0025512_15263199.jpg
a0025512_15282773.jpg
a0025512_1527564.jpg



事故死した駿介(反町隆史)は、企業社長・朝日奈(反町・二役)の体に乗り移った。だが、朝日奈は、駿介の元婚約者で弁護士の颯乙(さつき・加藤あい)に、強引な企業買収を訴えると言われる。颯乙に嫌われたくない駿介は、田中(児玉清)にほかの人の体に移りたいと頼む。



◇夢を持ちながらも果たせずに死亡した男性が、神の計らいで他人の体に魂を宿し、もう一度夢にチャレンジする。渡辺睦月脚本、中島悟演出。プロ野球選手の駿介(反町隆史)が肩の故障で解雇を通告され、建設関係の下請け会社で営業の仕事を始めた。一方、恋人の颯乙(加藤あい)は、駿介と一緒に買ったペアリングを輝かせながら結婚式の準備を進める。しかし、野球への思いを断ち切れない駿介は、あらためてプロテストに挑戦したいと結婚のキャンセルを宣言。リングを川の橋から投げ捨てる。その時、駿介は落雷で死亡するが、天国の案内人、田中(児玉清)の計らいで魂を別の人間の体に戻される。魂が入ったのは、独身で会社の社長をしている男性の体だった。
[PR]
by hokkoku65 | 2007-10-13 21:00 | つれづれ日記


<< ドリーム☆アゲイン 山田太郎ものがたり >>