<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

山田太郎ものがたり

#04 出現!!嵐を呼ぶ男
  (2007.7.27)

太郎(二宮和也)からパーティーに誘われた隆子(多部未華子)は、幸福の絶頂!!ウキウキして山田家を訪ねるが、目の前には築45年のボロ屋と自分の母・まりあ(柴田理恵)の姿が…。
そう、王子様だと信じていた太郎が、実はド貧乏家族の長男だったのだ。あまりの衝撃にその場から逃げ去る隆子。と、その時。バーベキューのにおいに乗って一人の男が山田家にやって来た…。海外放浪中だった和夫(松岡充)が帰ってきたのだ!久々の父との再会を喜ぶ綾子(菊池桃子)と子供たち。
しかし、太郎だけは疲れ果てていた。和夫が毎晩、友達を自宅に招いては飲み食いさせる上に、金髪の少年・アーロン(ヴラディスラヴ)をしばらくホームステイさせると言うのだ。食費がかさみ、太郎は頭を抱える…。しかも…。アーロンはボンボン育ちで山田家の常識がまったく通用しない。山田家はそんなアーロンに振り回されてぐったりだ。「いつも心に!家族の笑顔!!」がモットーの山田家の食卓だが、活気も笑顔もなくなってしまっている。

ある日、御村(櫻井翔)がプリンを持って山田家に遊びにやって来た。なかなか笑顔をみせないアーロンを笑わせようとビックリ箱をプレゼントするが、ニコリともせずにそっぽを向かれる。しかし、その行動は御村には予想通り…。
御村は自宅のおもちゃ部屋から数々の玩具を取り出し、太郎に着ぐるみを手渡す。それを使ってアーロンを笑わせようと言うのだ。それはどうやら御村の少年時代にも登場した代物のようで、執事の磯貝(綾田俊樹)も加わり太郎はパントマイムの特訓を始める。

その頃、太郎への想いを振り切ろうとする隆子の前には、素敵な男性が現れていた。今度こそ、運命の人だと隆子はアタックを開始するのだが…。
a0025512_15182549.jpg

[PR]
by hokkoku65 | 2007-07-27 22:00 | つれづれ日記

山田太郎ものがたり

#03 告白VS夢の松阪牛
  (2007.7.20)

特進クラスのホームルームで鳥居(吹石一恵)が「放課後、学校の畑のお手伝いをしてくれる人はいませんか?」と、おどおどと提案している。
クールに“我関せず”な御村(櫻井翔)の一方で、ずっと考えていた太郎(二宮和也)が手をあげた。野菜をもらえるかもしれない、という望みを持っての立候補だった。
すると…!女子生徒たちが、太郎とお近づきになれる千載一遇のチャンスとばかりに手を挙げ始めた。くじ引きの結果、太郎の相手には、隆子(多部未華子)が決定!思惑通り太郎と急接近した隆子は、"玉の輿願望"と"妄想"は膨らませ、ついに告白の決意を固める!!

放課後、太郎が畑仕事を終えスーパーに行くと、"横綱コロッケ"争奪戦で見事な技を繰り広げたスーパー主婦・まりあ(柴田理恵)がいた。まりあの凄まじい節約買い物術に一目惚れした太郎は、「弟子にしてください!!」と懇願。翌日から、まりあによる特訓が始まった。
太郎は、まりあを師匠と仰ぎ、一週間後に開店するスーパーのセールで"松阪牛"をゲットすることを宣言。さらに、目を輝かせながら師匠の話をする太郎に興味を持った御村も特訓に加わり、「タイムセールスの攻略法」から学ぶことに。特訓を終えた三人は太郎の家へ。
太郎は、お金に無頓着な綾子(菊池桃子)が、まりあに叱られるのではないかと心配するが、二人は意外にも意気投合。「かたまりのお肉なんて食べたことない!」と期待する弟妹たちのために、太郎の特訓にもますます力が入るのだった。

しかし、太郎と御村の特訓は想像を絶する展開に…!!果たして勝敗の行方は・・・!?
a0025512_1515989.jpg

[PR]
by hokkoku65 | 2007-07-20 22:00 | つれづれ日記

山田太郎ものがたり

#02 潜入メイド大作戦
  (2007.7.13)

セレブばかりが通う一ノ宮高校で女子生徒の人気を二分する山田太郎(二宮和也)と御村託也(櫻井翔)。二人は3年生で初めて同じクラスになった。太郎に興味を持った御村は、山田家を訪れる。母の綾子(菊池桃子)と6人の弟妹には"美味しいお土産を持って来てくれるお兄ちゃん"として気に入られたようだ。
高校では、太郎と御村の人気がさらに上昇!麗しの王子様ツーショットに隆子(多部未華子)は、今日も妄想を膨らませていた。玉の輿願望はさらにエスカレートしている。
ある日の放課後、太郎は野球場の前で呼び止められる。次郎(鎗田晟裕)を野球チームに入れたいという監督からの勧誘だった。野球好きな次郎をどうにかチームに入れてあげたいと思うが、その為にはユニフォームやグローブなどが必要。しかし山田家にはそれらを買うお金がない。

翌日、太郎は御村にその事を相談。真剣に悩む太郎を見ながら、御村は山田家の家族の絆を感じ、羨ましく思う。御村は、家元である祖父・聖一(麿赤兒)に、自分の目指す前衛的な華道を受け入れてもらえず、それが元でお互いに気持ちがすれ違い、寂しい思いをしているのだ。
御村はある事をひらめき、太郎に御村家のハウスメイドになることを提案。3日間で5万円という高収入のアルバイトだ!!しかし、女性限定のため女装が条件。太郎は新人メイド"民子"として働くことを決意する。
果たして、太郎は厳格な聖一のもとアルバイトを続ける事が出来るのだろうか?愛する次郎のため、太郎は今日も健気に頑張る!!
a0025512_1555387.jpg

[PR]
by hokkoku65 | 2007-07-13 22:00 | つれづれ日記

山田太郎ものがたり

#01 麗しの王子様は・・・ケタはずれのド貧乏
  (2007.7.6)

東京のど真ん中に建つ一軒のあばら家。そこから元気よく飛び出してきたのは山田太郎(二宮和也)と6人の弟妹たち。太郎は半端じゃない「ド貧乏」大家族の長男で、名門一ノ宮高校に通う学園の人気者でもある。クールな魅力で女子生徒を魅了する御村託也(櫻井翔)と人気を二分し、学園唯一の特待生。高校で太郎が貧乏であることを知るのは一ノ宮校長(宇津井健)のみで、なぜか生徒たちからはどこかの御曹司だと思われている。

4月、一ノ宮高校に通う池上隆子(多部未華子)は太郎と御村もいる成績優秀な生徒しか入れない“特別進学クラス”に自分の名前を見つけて、ついに玉の輿に乗るチャンスを掴んだと興奮状態。と、その時!!校門から黄色い声援が聞こえてきた。学園のツートップ、太郎と御村の登場だ。隆子は太郎のキラースマイルに一目ぼれ(そして一瞬にして恋に落ちてしまう)。そして御村も、筆入れがお菓子の箱だったり、車はもちろん、電車にもバスにも乗らない太郎に興味を示す。

一方、新学期を迎えた山田家は、何かと物入りで家計は燃えさかるほどの火の車。それでも美しい母・綾子(菊池桃子)の笑顔を中心にわきあいあい。太郎がもうすぐ誕生日の妹に「何が食べたい?」と聞くと、「横綱スーパーのコロッケ」と即答する。その旨さと安さで特売のたびに近所の主婦が激しい争奪戦を巻き起こす代物だ!妹のため、愛する家族の幸せのために、太郎はコロッケをゲットすることが出来るのか!?
a0025512_1511156.jpg

[PR]
by hokkoku65 | 2007-07-06 22:01 | つれづれ日記

山田太郎ものがたり

東京のド真ん中に建つ一軒のあばら家。そこに住んでいるのは、山田太郎(二宮和也)と母・綾子(菊池桃子)と6人弟妹の8人。「天才(過ぎて一般的には理解されない)画家」である父親の和夫(松岡充)は思いつくままに世界を放浪している。太郎は「ド貧乏」一家の長男でありながら、セレブばかりが集まる私立一ノ宮高校に通う3年生だ。太郎が貧乏でバイトと倹約に命をかける勤労青年であることを知っているのは一ノ宮校長(宇津井健)だけだった。クールで女子生徒を魅了する御村託也(櫻井翔)と人気を二分している。成績優秀、眉目秀麗、スポーツ万能で学園の特待生でもある太郎を生徒たちはどこかの御曹司だと思い込んでいる。山田家の家計はいつも火の車で、追い討ちのように太郎が必死で貯めるへそくりは、なぜか美しい母・綾子に発見され使われてしまう。しかし、苦しい貧乏生活でも山田家は笑顔の絶えない幸せに満ち溢れた仲良し家族だ。一方、周囲と違う雰囲気を持つ太郎に興味を抱いた御村は、ある日の放課後、太郎をつけることにしたのだが……。

・みどころ
原作は少女コミック誌「月刊Asuka」(角川書店)に連載された700万部の売り上げを誇る大ヒットコミック。世界中で翻訳版が出版され、2001年には台湾で「貧窮貴公子」のタイトルでドラマ化もされた。今回の「山田太郎ものがたり」では瀬戸口チーフプロデューサーが原作のイメージ100%そのままだと断言したように奇跡のキャスティングが実現。高視聴率を記録した「花より男子」のスタッフが制作を手掛け、嵐の二宮和也と櫻井翔のドラマ初共演ということで期待は高まるばかり。貧乏に負けず、家族のために奮闘する太郎の姿は、金持ちとそうでない者との格差が広がり「団らん」が失われつつある現代社会には逆にまぶしく映ることだろう。家族や周囲の人々に振り回されながら「やりくり」と「へそくり」に命をかけ、貧乏を謳歌する太郎の奮闘を応援しよう。
[PR]
by hokkoku65 | 2007-07-06 22:00 | つれづれ日記