下村健一さんのコメントに納得。

ビデオジャーナリスト神保哲生のブログ -
『JR西をバッシングしても、いいこと何もありませんよ』を読んで、

下村健一:公式Webサイト:
ATC(自動列車制御装置)が壊れた?日本社会

『視聴者・読者という名の乗客をギッシリ乗せたまま、叩きやすい悪者を常に求めて、直線コースを猛スピードで突っ走っている感がある、現代ニッポンのマスメディア。既に何度かオーバーランを起こしており、"乗客"の中には、この暴走に若干の不安を感じ始めつつも、他の乗客の手前、しかたなく黙って吊り革につかまっている人もいる。このままレールが"右カーブ"したら必ずや大脱線が起きる、という切実な恐怖感を、僕は覚える。満員の暴走列車は、今、緩和曲線にさしかかりつつあるところだ。』


人のふり見てわがふり直せ。のおもいでしょう。
人ってほんと弱い存在ですから、常に自分自身を
見つめ直してゆかないといけないですね。

下村さんがこんなにも自分をさらけ出し、
常に自分自身を正している姿勢に敬服しました。
きょうから、ファンになりました。これからもがんばってほしい。
[PR]
by hokkoku65 | 2005-05-14 08:26


<< 「緊急の公務のため帰国、という... 罵声記者、JR西日本記者会見で脱線? >>